子どもの広場 ゆうび展 モラージュ柏にて初開催!

子どもの広場 ゆうび
『ずっと夏休みでも構わない』 イラスト 佐藤夕里絵

子どもの広場 ゆうび展
開催期間:2022年9月15日(木)~9月25日(日)10:00~21:00
開催場所:モラージュ柏PartⅠ 1F ワンズテラス横

 東葛まいにち紙面に28年にわたり連載しているコラム『子どもの広場ゆうび』の展示会が、9月15日よりモラージュ柏で開催される。


 コラムは当初「フリースクールゆうび小さな学園」の元学園長 内堀照夫さんが執筆を担当。同学園は、柏市豊四季に1989年開園、来年創立35周年を迎える。学校へ行っている人いない人、障がいのある人ない人、幼児から30代までと幅広い年齢層の人たちがそれぞれ自分のペースで過ごす場所だ。


 2020年1月、内堀さんの引退を機にコラムの執筆を同学園スタッフの杉山麻理江さんにバトンタッチ。子どもたちや保護者と直接関わる中で感じたことを、簡潔かつ丁寧に伝える文章は読者の共感を呼んでいる。


 展示会では今まで連載してきたコラムと、同学園スタッフ佐藤夕里絵さんによるイラストの中から抜粋した十数点を展示する。コラムに負けず劣らず子どもたちの内面を映し出すような繊細なタッチで描かれるイラストも見ごたえ十分!


 杉山麻理江さんは、「この度、モラージュ柏さんにご協力を頂き、東葛毎日新聞社と共催で、コラムとイラストの展示会を開催することになりました。イラストは『東葛まいにちウェブ版』に掲載しているものです。コラムの内容とゆうびの子どもたちからヒントを得て、ゆうびのスタッフが描きました。紙面のコラムしかご覧になったことがない方も多いと思いますので、ぜひこの機会にご覧ください。今回の展示会により、不登校を中心とした子ども・若者たちの世界を多くの方々に感じていただければ嬉しいです。お買い物のついでにぜひお立ち寄り下さい」とコメントを寄せた。


■フリースクールゆうび小さな学園
コラム作者 杉山麻理江
イラスト作者 佐藤夕里絵