絵画と食事、優雅なひとときを-Gallery cafe Bella

松戸

 Gallery cafe Bella(ギャラリーカフェベラ)は、JR北小金駅北口から本土寺へ向かう参道の途中にあるギャラリー兼カフェ。あじさいと紅葉の季節に営業している。


 「父がコレクションしていたシャガールの絵を飾る場所をつくりたい」と、オーナーの赤﨑貴子さんが2005年にオープンさせた。


 店内にはシャガールやマイセンをはじめ、たくさんの絵画や陶磁器が展示してあり、格式高い空間になっている。食事やコーヒーを楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごすことが出来る。


 人気のメニューは「スープセット」。赤崎さんが毎朝焼くパンと季節の野菜を使ったスープは絶品で、心に染みる美味しさだ。


 ご主人の仕事の関係でシンガポールに在住していた25年前から、ボランティアで絵本の読み聞かせをしているという赤崎さん。


 「子どもたちに日本の絵本を読んであげたいと思ったのがきっかけでした。当時は読み聞かせの団体などもなく、それなら自分でつくろうと思ったんです」

オーナーの赤崎貴子さん


 根底にあるのは「絵本が大好き」という気持ち。読み聞かせをしていて嬉しいのは「読み手と聞き手の間で感情が共有できること」と笑顔を見せる。


 去る7月13日から18日まで、堀江良文堂書店との共催で、松成真理子原画展「しあわせになあれ」を開催。およそ300冊の絵本が並び、トークライブやワークショップなども行われた。

同店ではこうしたイベントを定期的に開催している。詳しくはインスタグラムを。

(写真・文=松原美穂子)



■Gallery cafe Bella
松戸市東平賀48‐1(北小金駅徒歩7分)☎047・344・2277
営業:5月末~7月上旬(紫陽花時期)、10月末~12月上旬(紅葉時期)営業期間中不定休
営業時間:10時~17時