NECグリーンロケッツ東葛 流山市との連携協定を締結

流山

 9月15日、NECグリーンロケッツ東葛は、流山市とのラグビーを通じた地域振興・地域貢献の相互連携に関する協定を締結しました。

 我孫子市を活動拠点としていたラグビーチーム「NECグリーンロケッツ」は2021年、新リーグ発足に向けて、千葉県東葛エリアをホームタウンとし、チーム名を「NECグリーンロケッツ東葛」に変更することを発表。今回の締結は我孫子市、柏市、松戸市、野田市に続き、5市目となります。

 調印式にはNECグリーンロケッツ東葛代表 梶原健氏、NECグリーンロケッツ東葛 細田佳也選手、流山市ラグビーフットボール協会会長 川合毅氏、流山市キッズアンバサダー 妹尾芽生さん、流山市 井崎義治市長が出席しました。

 

調印式の様子

 

梶原代表 コメント「スポーツチームとして地域に貢献するために『東葛』という文字をチーム名に入れました。地域の人に愛され必要とされるよう、また人と人、人と企業をつなぐ存在になりたい。子どもたちへのスポーツ教育、ラグビーを通じての人間教育を目指し、深く地域に根づいたチームにしていきたいと考えています」

井崎市長 コメント「流山市民にとって身近なラグビーチームが出来て嬉しい。ラグビーに興味を持つ人がもっと増えるよう、見たり触れたりする機会を増やしていきたい。流山市はこの15年間で子どもの人口がほぼ倍になっているので、将来のラグビー選手の誕生を期待したい」

 

協定書を交わす梶原代表(左)と井崎市長(右)

 今後は、小学校のタグラグビーの授業に選手を派遣したり、市民デーを設ける予定もあるとのこと。梶原代表は「東葛エリアをラグビー王国にしたい」と意気込みを語りました。

 

 

 

NECグリーンロケッツ東葛ホームページ

流山市ラグビークラブ グレイトホークス