まるでアミューズメントパーク! グリコピアCHIBA

なにつくってるの?東葛工場拝見

 冷たいアイスクリームを口に入れた瞬間、夏の暑さを忘れ美味しさが口じゅうに広がる。子どもから大人まで皆が大好きなアイスクリーム。パピコやセブンティーンアイスの製造過程が見学できる工場見学施設『グリコピアCHIBA』は、野田市蕃昌に2017年にオープンした。


 千葉工場では、多い時に1日100万個のアイスクリームを製造している。その製造過程が無料で見られるとあって連日見学者が絶えない。そんな人気のある工場見学を体験してみた。  


 感染対策も万全な見学行程の初めは、今年100周年を迎えた江崎グリコの歴史やアイスクリームができるまでを映像で学ぶ。社名のグリコがカキの煮汁から取り出したグリコーゲンに由来するとあって、健康をテーマにする社風に納得。


 映像見学の後は、5Fへ移動。いよいよアイスクリームの製造工程へと足を運ぶ。先ずは、素材となる牛乳、バター、砂糖を混ぜ合わせ84℃の熱で殺菌。

 次にエージングタンクで温度を下げ熟成保管。ここでは、実際に使用しているのと同じ大きさのタンクの中に入ることができ、そのスケールを体感。タンク内に霧が流れ、そこに映像が投射される不思議空間に驚く。  

ロボットがパピコの容器をセッティングする


 空気を入れ、なめらかなくちどけにするためのフリージングを経て充填、マイナス10℃のスパイラル急凍へと進む。エレベーターの中は、スパイラル急凍をイメージした宇宙空間となっている。パピコが流れ星のように落ちていく映像は、短編映画を観ているかのような楽しさが満載。見学の最後は、みんな大好き、アイスクリームのお土産付きだ。


 工場はアイスクリームの製造過程の他、パピコの空き容器で作ったおもちゃの展示や撮影スポット、グリコのお菓子の販売など、誰もが喜ぶこと必至のアミューズメントパークとなっている。これからの季節、家族や友だちとぜひ訪れたい工場・施設のひとつだ。見学は2名以上から。予約はHP・電話で受付中。


(取材・文=高井さつき/写真=高井信成)



グリコピアCHIBA 野田市蕃昌新田字溜台10番地
☎04・7127・3355
受付時間:開館日の9時~16時