グランドオープン 末廣農場

ふれあい毎日

富里市の観光・交流拠点

三菱ゆかりの小岩井農場の品も

富里市

富里市初の観光、交流拠点施設「末廣農場」が先月5日にグランドオープンした。特産の豚肉や野菜などを販売する物販スペース、飲食施設、末廣別邸のガイダンス施設などで構成され、木のぬくもりを生かした建物となっている。

「富里市に来たら最初に訪れて、冨里の農の歴史や末廣農場の歴史を伝え、富里の今を味わえる拠点として利用してほしい」と五十嵐博文富里市長。

オープン当日は市長らによる華々しいテープカットが行われ、富里高校ジャズオーケストラ部の演奏、とみちゃんやチーバくんなど、人気のご当地キャラクターが揃い、会場を盛り上げた。

「末廣農場」の目の前にあるのが「末廣別邸」(旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸)。別邸は三菱の三代目社長、岩崎久彌(ひさや)氏が自ら経営を行い最新の技術と設備が整った先進的な農場の中に建設されたもの。大正末期から昭和初期に建設された建物で、久彌氏が晩年暮らした住居が当時のまま残されている。富里市初の国登録有形文化財で、現在は「旧岩崎久彌末廣農場別邸公園」として庭園など無料公開。

飲食施設には、岩崎家が設立に関わった、岩手県の小岩井農場のソフトクリーム(400円)がある。同市産の房総ポークや脂肪に甘みがある貴重なダイヤモンドポークを使用した「バラスライス焼」(1200円)が人気だ。生産者の堀江ファームは今人気の朝ドラのロケ地にもなっている。

物販コーナーには小岩井農場関係の商品や手作り和菓子、豚肉の加工品や地元新鮮野菜、とうもろこし、名産のスイカが並ぶ。8月には甘い梨が登場する。富里市の魅力発信地として大いに期待される。営業時間は9時~18時。月曜(月曜祝日の場合は火曜)と年末年始定休。

▽問☏0476・93・1200。

▼富里市七栄650-206。