新松戸で昆虫食!SDGsについて考えよう

松戸

 「昆虫食」がブームになっているのをご存じですか?イナゴやハチノコなら食べたことがあるという方、コオロギせんべいを見たことがあるという方もいらっしゃるかと思います。

 「現代の畜産はもはや持続可能とは言えない」と国連が警鐘を鳴らしたのは2006年。そこから早くも16年が経過し、飼料効率がよく環境負荷も少ない、その上栄養価も高い昆虫食に対する関心が高まっています。

ナッツみたいで美味しい!蚕のさなぎをトッピングしたカレー

 12月18日に新松戸で開催される「2030SDGsカードゲーム×昆虫食」(主催:銀座環境会議)では、カードゲームを通じてSDGsについて理解を深めると共に、なぜ今昆虫食なのか、畜産が環境に及ぼす影響も含めて考えます。

 昆虫料理研究家の第一人者であり、日頃から昆虫をおいしく食べる方法をYoutubeで発信している内山昭一さんを招き、実食を交えて学べる大変貴重なイベントです。ぜひチェックしてみてくださいね。


「2030SDGsカードゲーム×昆虫食」

日時:12月18日(日)16:00~

会場:CoworkingSpaceFlat cafe&Bar松戸市新松戸3-289 JR新松戸駅徒歩10分)

参加費:2500円(セミナー・昆虫料理)※飲み物は別途

申込はこちら

取材・文=松原美穂子