甘酒×お酢で夏を乗り切ろう!

しあわせレシピ

作り方は簡単!

米麹の甘酒150~200ml程度に、お酢小さじ1を加えて混ぜればOK。レモン汁でも美味しいです。

*甘酒の糖質が気になる方は分量の半分を豆乳に置きかえてお酢で割るのもおすすめ。

豆乳もお酢を入れると少し分離してラッシーやスムージーのような感じになるので、より濃厚な味を楽しむことができます。その際は無調整豆乳がベスト。

甘酒は9種類の必須アミノ酸全てを含み、たくさんの酵素、ビタミンB1、B2、B6、葉酸や食物繊維、ブドウ糖等も含んでいます。江戸時代には庶民の夏バテ防止に飲まれていました。そこに、お酢を一緒に入れると一層健康効果がありますよ。

お酢には血糖値の上昇を緩やかにする作用があります。血圧を抑制する効果や血液サラサラ効果もあるので、健康にいいドリンクなのです。甘酒に加えることでお酢が苦手な方でも飲みやすくなります。


中央公民館講座「発酵食品で健康ライフ」YouTube動画配信中!

じっくりと時間をかけながら発酵し、様々な恵みをもたらしてくれる発酵食品は、忙しい現代に生きる私たちにこそ大切にしたい、先人たちの贈りものです。その先人からの生きる知恵である「発酵食品」を食生活に取り入れ、健康で豊かな暮らしを楽しんでいただくため、『甘酒・みそ・酒粕・お酢・醤油・みりん』全6テーマで動画配信講座をお届け!

タイトルとURLをコピーしました