野田市ー大賀ハス

野田

 地元の人が利用する野田市関宿総合公園の敷地の一角に「夕日ヶ池」と言う池がある。その池の千葉県天然記念物「大賀(おおが)ハス」が開花時期を迎えている。(*)

 昭和26年に千葉市にある東京大学検見川(けみがわ)農場(現:東京大学検見川総合運動場)で大賀一郎博士と地元小中学生らによって地層から発掘された約2000年前のハスの種。発見された3粒の種は、発芽したものの2つは枯れ、最後の1つだけが株分けできるほどのハスに成長。

 生育し、蓮根から株分けされたハスの1つが、昭和27年(1952年)7月18日に見事な花を咲かせた。当時このできごとは、世界でも注目された。

 発見した大賀一郎博士の名にちなみ「大賀ハス」と名付けられ、その後も育てられたハスは、昭和29年(1954年)には「検見川の大賀ハス」として千葉県の天然記念物に指定される。

 平成10年(1998年)、千葉市から旧関宿町へ分根、11株を「野田市関宿総合公園」へ移植。23年経った今でも体育館従業員によって大切に育てられ、その美しい花を見ることができる。

 「大賀ハス」の花は、開花をはじめてから4日間、花の色や開き方など日々姿を変えて咲き、散っていくそう。

*開花時期は例年6月~7月上旬。花は早朝に咲き始め、昼には閉じてしまう。気候などにより開花時期が変わるので、最新情報は野田市関宿総合公園ホームページ、または同施設ツイッターで確認を。

*見学される場合は池側にある児童遊園駐車場を利用のこと。

野田市関宿総合公園 野田市平井401番地

【重要】新型コロナウイルス集団接種会場に伴うサブアリーナ・会議室閉鎖について
〒270-0225 野田市平井401番地 電話:04-7198-8500 FAX:04-7198-6789 🚆・🚌・🚙 アクセス ✉ sekiyado_sougou@mainichikogyo.co.jp
タイトルとURLをコピーしました