店主はロックなギタリスト 「フラワーショップ花時間」

野田

「お客さんが『わぁ!ありがとう!キレイ!』って笑顔になる瞬間が一番嬉しいんです」と話すのは、オーナーの山田清司さん。フレンドリーで職人気質。屈託のない明るさで出迎えてくれる。

 若い頃はバンドを組み、プロのギタリストを目指していたが、27歳で花屋になると決意し修行を始めた。

 「母がお花の先生をしていて、小さい頃から家の中にいつもお花があったので、ごく自然な流れで花屋になろうと思いました」。

 花のことは全て知りたいと、生花店や卸なども経験し、35歳で始めた「フラワーショップ花時間」は今年で23年目を迎える。

 「コロナ禍でイベントが減り、お花を贈るシーンが減っているのが残念ですが、徐々に盛り返してくれたら。とにかく一所懸命にお客様に喜んでもらえるよう、お値段以上の価値を提供したいという気持ちでやっています」と想いを語る。

親子でセッション!Studio WUUでのライブの様子

 花屋のかたわら、今でもライブハウスなどでギター演奏を披露している清司さんは、柏を始め関東で活動するギタリスト山田元気くんの父でもある。

「花屋を始めてからも、なんとなくフワフワと生きていたんです。でも、元気が『先天性四肢障害右指欠損』を持って生まれてから自分は変わりました。元気のおかげで親になれたし、男になれたと思います」と話す。

 定期的にライブを行うなど音楽活動も共にしている二人。

「テクニックでは元気に負けてますが、ソウル(魂)ではまだまだ負けません!」と笑顔を見せる清司さん。花とギターへの愛情は人一倍だ。

(写真・文=松原美穂子)


フラワーショップ花時間  野田市春日町13‐15(東武アーバンパークライン川間駅から徒歩8分)

☎04・7127・6481

営業時間:月・火・水・金・土10時~19時日:10時~18時定休日:木・第三水曜

野田市内配達無料!