親子三代の思いを繋ぐ「OOSAWA GARDEN」

ふれあい毎日

地域の憩いの場所

「OOSAWA GARDEN」

     八千代市

勝田台の静かな住宅地の中に、周囲に溶け込むように藤棚と枝垂桜、ボルダリングウォールのある庭が見えてくる。

ここはNPO法人「じもtoあい」が運営する複合施設「OOSAWA GARDEN」だ。2016年の設立から4年 “親子カフェ”として地域の人々に親しまれてきた。「ここへ来て、孤立していたお母さんに友だちが出来て、孤独から解放された、というお話を聞くと、とてもうれしい」と話すのは同法人代表理事で施設を運営する高橋順子さん(44)。

社会貢献に熱心だった高橋さんの祖父、故大澤祗徳(まさのり)さん所有の土地を、娘である高橋さんの母が受け継ぐ際、「地域に貢献できる場にしたい」との思いを順子さんらが形にしたものだ。親子三代の思いの詰まった場所でもある。   

10時から14時まではカフェの時間。大人はドリンク一杯200円、子ども連れの場合は施設使用料一家族300円を支払えば、お昼ご飯やおやつなどを持ち込んでキッズスペースで子どもを遊ばせながら、おしゃべりを楽しみ、親同士の交流も出来る仕組みだ。

レンタルスペースとして、ワークショップやヨガ教室などにも利用されている。取材日はHuali Beadsの嶋津綾子さんが「マクラメでXmas treeのオーナメントを作るワークショップ」を開催。10カ月の赤ちゃんと鎌ケ谷から参加の親子は「子ども連れで参加出来たのが良かった」と話す。子ども連れOKとあって、印西市や我孫子市などからの参加者もいる。

全ての世代の人に親しんでほしいと、車椅子でも利用可能な様、バリアフリー仕様。現在はコロナで中止されているが、地域のグループホームのお茶会なども行われる。

「コロナ禍で客足は激減し、制約も多くなってしまっているが、地域の憩いの場として、この先も細く長く続けていきたい」と高橋さんは熱い思いを語ってくれた。

▼営業時間=平日10時~14時。土日曜、祝日休み(貸し切りは可能)。

▼アクセス=京成本線勝田台駅・東葉高速鉄道東葉勝田台駅から徒歩10分。八千代市勝田台北2-23-1。

▽問☎047・752・2829。

📩oosawagarden@gmail.comhttp://iko-yo.net/facilities/71659

タイトルとURLをコピーしました