編み物はエンターテインメント!自由型ハンドクラフト作家 みちよつさん

東葛まいにち

 学生時代に「1本の糸が色んな形になるのって面白い!」と、編み物に目覚めたみちよつさん。独学で研究し、現在はオリジナルの作品を作り、編み図も自分で描けるほど。


 
 「根が引きこもりなので(笑) 一人でもくもくと編むのは苦ではないんですが、最近はSNSで制作の途中経過などをアップして、皆さんとコミュニケーションをとることも楽しんでいます」

「編み物はとってもクリエイティブで、編んでいる人も見ている人も楽しめるもの。もっと沢山の人に編む者の存在を身近に感じていただきたいというのが私の望みです。今回、イギリスのトーマス・デーリー選手が、オリンピック開催中に編み物をしていて話題になりましたね。編み物の楽しさが伝わるのは嬉しいことです」

 9月17日に発売した横山起也さんの著書「どこにもない編み物研究室」の編み図を担当。

 また、10月2日から31日まで、柏の葉チコルにて「ゆずころりん@柏の葉チコル いっしょにハロウィン展」に出品する。ハロウィンにちなんだ、かわいらしいおやつのあみぐるみを多数展示予定、ぜひ足を運んでみて。


いっしょにハロウィン展

10月2日㈯~10月31日㈰ 9時~20時 会場:ライフスタイル提案フロア「チコル」
(柏市若柴178番地4 柏の葉キャンパス148街区1パークシティ柏の葉キャンパス ザ・ゲートタワーウェスト3F)
入場無料

みちよつさんインスタグラム