京成バラ園の、一味違った「いちご摘み」

ふれあい毎日

オズの国のストロベリーハント

八千代市

 

 京成バラ園内の、いちご摘み施設「オズのストロベリーハント」は昨年12月にオープンした。『オズの魔法使い』からインスピレーションを得たオリジナルスートリーでアトラクションのようないちご摘み体験ができる。

 摘んだいちごを専用BOXに入れ、別の場所でドリンク付きでゆったりと食べるというもので、感染対策にも配慮され、より安心して楽しめる。

 受付はガーデンセンター内のストロベリーカウンター。案内してくれたのはストロベリーハンターのマッキーことガーデンセンターの武内俊介店長。参加者は見習いハンターということで美味しいいちごを探す旅に出かけるというストーリーだ。

 まず案内されたのは「オズの温室」。目の前には高さ1.7㍍の巨大な操り人形の門番が出迎えてくれる。参加者もまるで物語の中にいるような錯覚に。

 次はいよいよ秘密のいちご畑へ。デコレーションされた温室内には「恋みのり」、「よつぼし」、「紅ほっぺ」、「やよいひめ」の4種が赤い実をつけている。都内から来園した湯浅心さん(21)と阪倉明莉さん(21)は「オズの世界観のいちご園がとてもかわいかった」と大満足。

「大粒で美味しい。楽しかった」と湯浅さんと阪倉さん

 いちご栽培に一役買っているのがビーフライとう、花の蜜しか食べない授粉用のヒロズキンバエ。蜂ではないので温室内を飛び交っていても安心だ。最新農業技術で作られるいちごは形良く、甘みも香りも強い。

 予約はHPから。参加料2000円。10時、11時、12時の3回実施。所要時間は約90分。2月は毎週土、日曜。3月は火、木、土、日曜開催。3月31日まで。

▽問☎047・459・0111。八千代市大和田新田755。駐車場有。