誰でも立ち寄れる町の案内所 -かしわインフォメーションセンターkamon

 かしわインフォメーションセンターkamon(カモン)が2021年10月1日、20周年を迎えた。


 かしわインフォメーションセンターは柏住民だけではなく、柏を訪れる人が気軽に立ち寄れる、まちの案内所。柏駅南口から徒歩約1分のファミリかしわ3階にあり、多くの人が訪れる。


 柏市及び近隣の観光・イベント情報や、柏駅周辺の飲食店・買い物情報、市民団体の取り組みなどの各種パンフレットの配布や、展示を常時行っている。


 困った時に立ち寄れて、情報を得られる『かしわインフォメーションセンターkamon』では、現在ボランティアスタッフ45人を含む53人が活動を支えている。海外の人も多い柏。そんな日本語を母国語としない人たちにも対応できる外国人スタッフも。


 同施設で2019年に開設の「シェアする本棚」は、持ち込んだ本2冊と「しおり」を交換でき、「しおり」は蔵書の本1冊との交換が可能。その蔵書は、読み終えたら再び「しおり」と交換可能という仕組みの図書館で、柏駅利用者にもおすすめ。


 子ども連れで絵本を読みに来ても良い『であえる絵本箱』のコーナーもあり、幅広い世代で、本を通しての新しい発見がある。柏に根付いて20年、楽しいことが詰まったかしわインフォメーションセンターを利用して、生活を豊かにしてみてはどうだろう。



■かしわインフォメーションセンターkamon


柏1‐1‐11 ファミリかしわ3階 ☎04・7128・5610 開館時間:9時~19時

休館日:年末年始(12月28日~1月3日)※状況により変更がある場合あり。