ゆったり安心のイチゴ狩りはマスク着用で

ふれあい毎日

周(す)郷(ごう)農園「ピアッツァ」

      八千代市

今年はマスクを着用してのイチゴ狩り。4種の味を楽しめる

イチゴ狩りの周郷農園「ピアッツァ」は八千代中央駅から車で約5分の場所にある。案内してくれたのは同農園の周郷淳一さん(39)。父親の文雄さん(70)と共にこの農園を経営、15年ほど前からイチゴ狩りを始めた。3年前からは摘み取りしやすい高設栽培を始めて好評だ。

今年のイチゴ狩りの方法は、従来とはかなり違う。手指を消毒して入場。マスクをしたまま摘み取り、その後、摘み取ったイチゴを所定のテーブル席で食べる。時間内なら何度でも摘み取れるが、その際はマスクを着用、再び手指の消毒をしてから摘み取る。ゴミは所定の場所に捨てて退出となる。

「千葉県いちご組合連合会のガイドラインに沿って万全な感染予防策をとっています」と、周郷さん。周郷さんは同組合の副会長でもある。

「通常なら、一度に最大160名程をご案内するのですが、今年は多くても40名程ですね」。広いハウス内、人はまばらで「密」とは程遠い。

スタッフは、テーブルの消毒、ビニールハウスの換気などに気を配ってくれるので、甘い香りに包まれたハウス内で、ゆったりとイチゴ狩りを楽しむことが出来る。

イチゴ狩りの品種は「章姫」「紅ほっぺ」「かおり野」「恋みのり」の4種。直売所では他に「チーバベリー」、曜日限定で「真紅の美鈴」も販売。

イチゴ狩りは実り具合によるが、5月初旬くらいまで楽しめる。要予約。直売所では季節野菜の購入もできる。詳しくは電話かホームページで。営業時間は10時~15時30分。電話での最終予約は14時、水曜は12時まで。木曜定休。

▽八千代市大和田新田643-3。☎047・459・9121。

周郷(すごう)農園直売所「ピアッツァ」
周郷農園直売所「ピアッツァ」は千葉県八千代市でいちごを中心に季節の野菜を栽培している周郷(すごう)農園の農産物直売所です。有機質肥料を主体とした自家野菜といちご・お米、産直の果物に各種自然食品・健康食品の販売をしています。

タイトルとURLをコピーしました