ヤンソンさんの誘惑風 じゃがいもとアンチョビのパン粉焼き

しあわせレシピ

材料 じゃがいも…2個、玉ねぎ…1/2個、アンチョビ(フィレ)…4枚、牛乳…150cc
パン粉…大2、バター…大1/2、粉チーズ…大1、胡椒…少々

 

作り方
※オーブンは200℃に予熱しておく。
①じゃがいもは太めの千切りにし、玉ねぎはうす切りにする。アンチョビは2cm角くらいに切る。
②フライパンにバターを熱し、玉ねぎを炒め透き通ってきたらじゃがいもをいれ、牛乳とアンチョビを加えて沸騰するまで煮る。火を止め胡椒をふる。
③耐熱皿にバターを塗り、②を入れ、その上にパン粉をふる。
④200℃のオーブンで約30分焼く。こんがり焦げ目がつけば出来上がり。

 


新じゃが

●新じゃがは春先から初夏までに良く出回りますが、品種名ではありません。
通常のじゃがいもは収穫されてから大部分が貯蔵し出荷しますが、新じゃがは貯蔵されないですぐに出荷されるじゃがいもで、品種を問わず新じゃがと言われます。

●じゃがいもにはビタミンCが多く含まれています。その量はホウレンソウやミカンと同じ位。しかも、じゃがいもの中のビタミンCは、でんぷんに守られて加熱しても壊れにくいのです。ビタミンCは風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があります。

●じゃがいも100gあたりには、カリウムが410mg含まれています。カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があります。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。

●食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類ありますが、じゃがいもにはどちらも含まれています。

●じゃがいもの芽の部分や、緑色をした皮の部分にはポテトグリコアルカロイド(PGA)という物質が含まれており、これは非常に有毒な成分です。取り除いて使いましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました