感動をありがとう!2020東京オリンピック  寺村美穂選手

オリパラ2020

 1年の延期を経て開催された東京オリンピック(7月23日~8月8日)が無事に終了した。金メダル27個、総メダル数58個という輝かしい結果は、もちろん日本新記録。計り知れない努力に裏打ちされた選手たちの姿は、見る者に感動と興奮を与えてくれた。本紙で2019年、2020年にインタビューをした4人のアスリートから熱いコメントが届いた。

寺村美穂さん(競泳女子200メートル個人メドレー)流山市出身(千葉商科大付属高~日本大~セントラルスポーツ)
 リオに続いて2度目のオリンピック。力の抜けたスムーズな泳ぎで予選通過。2分11秒22。準決勝は、今回金メダル2個を獲得した大橋悠依選手と同じ組。力強い泳ぎを見せ、得意の平泳ぎで挽回するも結果は7位。2分12秒14。惜しくも決勝へは届かなかったが、競技人生の集大成を飾ったレースだった。

2度目のオリンピック出場。全てやり切った
 「前回のオリンピックとの違いは、東京開催なので時差もなく環境も変わらず普段どおりに臨むことができました。しかし、無観客という今までにない状況で、歓声がないのは少し寂しく感じました。会場や選手村で日本のボランティアの方々が優しく声をかけてくださり、この大会はいろんな方々の支えがあるからこそ成り立っていると感じ、また同時にこの場に立てる幸せを噛みしめました。結果は目標には届きませんでしたが、オリンピックへの日々は本当に充実し、やれることは全てやり切ったことが一番良かったことだと感じています。1人でも多くの人に自分の泳ぎで勇気や希望を与えることができていたらとても幸せです。たくさんの応援を、本当にありがとうございました」

(取材・文=高井さつき/写真=高井信成)

タイトルとURLをコピーしました