おとぎ話の世界へようこそ!ビアソムリエ厳選のクラフトビールとミード酒に酔う -Once upon a time

東葛まいにち

 今年3月にオープンしたばかりの北欧風創作料理店。一歩足を踏み入れると、そこはまるで物語の世界。映画で見た中世の酒場のような雰囲気が漂い、大人も思わずワクワクしてしまう。

爽やかな味わいのキウィバード

 「元々ファンタジーの世界や雑貨が大好きで、旅行の度に集めたコレクションは実家の屋根裏部屋を埋め尽くすほど。自分の好きな世界観を表現することで人に喜んでもらいたい」と話すオーナーの小林裕和さん(32)。

 大学卒業後、一度は警察官になった小林さん。しかし飲食業への夢が捨てきれず2年ほどで退職し、当時まだあまり認知されていなかった「ビアソムリエ」の資格を取得した。

 カフェの専門学校に通い、イクスピアリに4年間勤務。念願の店舗をオープンした直後に新型コロナで休業を余儀なくされた。

 「(休業は)店をオープンしてすぐのことだったので、どうしたらいいかわからず、6月に再オープンした頃、ツイッターで#(ハッシュタグ)『拡散希望』とつけて投稿を続けたところ、沢山の方に見て頂くことができ、遠方からもご来店頂けました」

 自慢の北欧風料理とアレンジカフェメニューはランチが7種類、ディナーが30種類。

冬のおススメは「鹿肉のシチュー」や「猪肉の味噌焼き」といったジビエ料理。脂身や臭みが少なく食べやすいので女性にも人気だ。ビールに良く合う燻製料理も充実している。国内外から厳選したクラフトビールは常時10種類ほど。人類最古の酒と言われる「ミード酒」は34種類と、国内屈指の品ぞろえだ。蜂蜜と水、酵母のみでつくられるミード酒は、アルコール度数がワインと同等程度で、銘柄によっては50度以上あるものも。飲み比べてみるのも楽しい。

 「今年は旅行に行けなかったという方も、ぜひここで旅行気分や非日常を楽しんでもらえたら嬉しいです」 年末の営業は12月26日まで。2020年の疲れを癒しに、ぜひ出かけてみて!

(取材・文=松原美穂子)


■Ones upon a time(ワンス アポンアタイム)

船橋市本町5‐2‐20興和第6ビル2階(JR船橋駅北口徒歩1分)

☎047・411・7668

営業時間:ランチ11時~15時、ディナー17時30分~22時 ※年始の営業は1月5日から。

タイトルとURLをコピーしました