快晴に恵まれ、新商業施設オープン

流山
左から:東神開発株式会社 倉本真祐 代表取締役社長/株式会社髙島屋 村田善郎 代表取締役社長/井崎義治 流山市長 /首都圏新都市鉄道株式会社 柚木浩一 代表取締役社長

3 月 31 日(水)流山おおたかの森駅前、おおたかの森SC隣りに、新施設「流山おおたかの森S・C FLAPS(フラップス)」がグランドオープン。

9時15分から、オープンセレモニーが行われ、開会式挨拶、テープカットと共にマーチングバンドのファンファーレで華やかにオープンとなった。

新施設は地上6階建て、既存施設と新施設、駅とが回遊できるウッドデッキで繋がっており、よりいっそう便利に。

当日オープン前には約500人が並び、オープンセレモニー後、開店となった。

セレモニーに登壇した流山市長は「私が心の中で描いていたのは、この広場が有効に生かされ、森の街らしい玄関口として、人々に愛され利用されることでした。今日のフラップスの完成で16年前に思い描いていたこの広場と景観、土地利用が完成致します。本当に嬉しく思います。」と語った。

新施設外観
オープンの様子