お薬手帳のメリット

かかりつけ薬局の知っトク情報

 皆さん、お薬手帳をお持ちですか?ご自分が使っているお薬の名前や使用法などを記録できる手帳です。今回は、お薬手帳を持つメリットについてご紹介しましょう。

◆お薬代が安くなる?

 保険薬局へ行く際にお薬手帳を持参すると、お薬代が安くなるという制度があります。持参した時の自己負担が、一割負担の方は10円、三割負担の方は40円お安くなります。ただしこれは「3カ月以内に同じ薬局で薬を処方してもらったとき」に限ります。複数の医療機関にかかる場合も、かかりつけ薬局に行けば一元的な薬の管理が可能になり、結果的に医療費を削減できるという目的があります。

◆自由に書き込める!

 薬の副作用歴、アレルギー歴だけでなく、検査結果や、薬に関する疑問等を自由に書き込むことができます。飲み残した薬の数をメモして見せれば、薬代の節約にもなります。市販薬やサプリメントの情報も書き込んでおくと、飲み合わせや、重複している薬はないかをチェックしてもらえます。検査結果などから、食事や運動に対するアドバイスが受けられることもあるでしょう。

◆災害時に便利!

 お薬手帳は、医療機関や薬局に行くときだけでなく、普段から持ち歩くことをお勧めします。外出先で急病になった時や、地震などの災害時にも役立ちます。いつも服用しているお薬の情報を正確に伝えることができ、緊急時に素早い対応をしてもらえます。

◆スマホで管理も!

 最近はおくすり手帳アプリなど、スマートフォンで管理できるツールもありますのでぜひご活用下さい。稀に病院や薬局ごとに別々の手帳を作っておられる方もお見かけしますが、必ず一冊にまとめるようにしましょう。ご不明な点がございましたら、お近くの薬局の薬剤師にお気軽にご相談下さい。

担当薬剤師 宮前 敏子 問い合わせ☎047・360・3600 一般社団法人 松戸市薬剤師会