がんと歯の健康

がん診療最前線
岡部寛 先生

 がんで手術が必要な時、私たち医療者は患者さんの持病の有無や服薬歴など様々な情報を分析して準備を行いますが、「歯の健康状態」も患者さんの回復に関わる重要な因子です。

 例えば高齢の方の術後肺炎は、全身麻酔の際の人工呼吸により肺に入った口腔内の細菌が原因菌となることが多いのですが、歯周病や義歯の不適合があると口腔内の細菌量が増え、肺炎のリスクが高くなります。

 また、食道や胃の手術後には胃酸の分泌が落ちて機能が低下するため、よく噛んで食べることが重要です。歯の状態が悪くてしっかり噛んで食事ができないと、栄養が不足して回復が遅れてしまいます。したがって、手術の前には歯科受診をして口腔内のチェックとクリーニングを受けることをお勧めしています。

 口腔内の衛生状態は薬物治療にも関わってきます。例えば抗がん剤の治療中には口内炎ができやすくなりますが、歯周病などで歯肉の衛生状態が悪いと特になりやすいので、定期的なブラッシングやうがいで口腔内を清潔に保つ必要があります。

 血管新生を抑える薬や、骨転移を抑える薬の使用中に歯肉が化膿したり抜歯したりすると、あごの骨が再生せずに腐ってしまう顎骨壊死という状態になることがあります。虫歯や歯周病の治療はがんの薬物治療の前に済ませておく必要があります。

 最近の研究で大腸がんの組織中に歯周病の原因菌である「フソバクテリウム」の一種が高い割合で検出されることが報告されており、歯周病菌はがんの発生や進展にも密接に関わっているのではないかと注目を集めています。

 普段の健康のためにもがんに備えるためにも日頃から歯の正しい手入れを行い、定期的なチェックを受けることをお勧めします。

新東京病院 消化器がん腹腔鏡・ロボット手術センター長 岡部 寛 先生

■新東京病院通常診療・診察は、松戸駅東口徒歩2分の新東京クリニックへ。

 問☎047・366・7000(代表)受付8時~11時30分・13時30分~16時(日曜・祝祭日休診)

タイトルとURLをコピーしました