プレシジョンメディシン…個別化医療について

がん診療最前線

みなさんは「プレシジョンメディシン」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 2015年のオバマ大統領の一般教書演説でこれからの医療の目標として発表され注目されるようになった用語で、「個別化医療」に近い概念です。

 がん治療の分野では従来、「肺がん」「大腸がん」「乳がん」など臓器別に有効な治療が模索されてきましたが、がん研究の進歩により、がんの原因となっている遺伝子変異のタイプに合わせた新しい治療薬が開発されるようになりました。 例えば同じ「肺がん」でもタイプに合った薬剤を使用してより治療効果をあげようというのが「プレシジョンメディシン」の考え方です。

 こうした薬剤は「分子標的薬」と呼ばれ、特定の遺伝子変異があれば違う臓器のがんでも有効なことが多く、がん治療は従来の「臓器別」治療から「遺伝子変異別」の治療に変化しつつあります。

 現在、頻度の高い遺伝子異常を調べて適した薬剤を選択する方法は、多くの種類のがんについて「治療ガイドライン」にも記載されており、すでに標準的な方法となっています。 また、これをさらに進めて真の「個別化医療」として数百種類の遺伝子異常の有無を一度に調べて最適な治療法を探す「遺伝子パネル検査」も技術的に可能になり、一部の病院ですでに始まっています。

   現状では費用が高いことに加えて、検査の結果が判明するまで約1か月以上の期間を要することや、遺伝子異常が見つからなかったり、見つかっても対応する薬剤がなかったりなど実際の治療につながらないケースが8~9割と多いことが課題とされていますが、将来的には費用が下がり最適な治療法を調べる検査として誰もが気軽に受けられるようになることが期待されています。

 新東京病院 消化器がん腹腔鏡・ロボット手術センター長 岡部 寛 先生

■新東京病院通常診療・診察は、松戸駅東口徒歩2分の新東京クリニックへ。

 問☎047・366・7000(代表)受付8時~11時30分・13時30分~16時(日曜・祝祭日休診)

タイトルとURLをコピーしました