秋の全国交通安全運動は9月21日から!

東葛まいにち

秋の全国交通安全運動が『夕暮れの一番星は反射材』をスローガンに、令和2年9月21日㈪から9月30日㈬まで開催されます。

 また、9月30日㈬を「交通事故死ゼロを目指す日」とします。

◇重点は

1.子どもを始めとする歩行者の安全と自転車の安全利用の確保

2.高齢運転者等の安全運転の励行

3.夕暮れ時と夜間の交通事故防止と飲酒運転等の危険運転の防止

夕暮れ時に注意しましょう

 秋口になり、日没が早まることで夕暮れ時や夜間での交通事故の発生が心配されます。歩行者は明るい服装の着用や反射材を身につける等、自分を目立たせる工夫をしましょう。ドライバーは早めのライトを心がけ、対向車がいない場合はハイビーム(上向き)にするといった小まめなライトの切り替えで、歩行者や自転車を早く発見できるようにしましょう。

「ながらスマホ」はやめましょう

 スマートフォンや携帯電話を操作しながら歩いたり、自転車に乗ったりする行為「ながらスマホ」はやめましょう。

「ながらスマホ」は自分自身が思っている以上に危険な行為であり、自分や他人を負傷させる恐れがあります。スマートフォンや携帯電話を使用する場合は、周囲を確認し、通行の妨げにならない安全な場所で立ち止まって操作しましょう。※相手にけがを負わせた場合は重過失傷害罪に問われることもあります。

◇ながらスマホ事故の損害賠償請求事例〈損害賠償:約5,000万円〉

 事故当時16歳の女子高校生が無灯火で携帯電話を触りながら自転車に乗り、57歳の看護師と衝突した事故の請求例です。被害者は歩行困難となって職を失い、生活保護受給者になったため、その賠償として加害者側に約5,000万円の支払いが命じられました

「ゼブラ・ストップ」を実践しましょう!

 ドライバーの皆さん、横断歩道手前では横断しようとしている歩行者をよく確認しましょう。

・ぜ(ぜんぽう)…前方をよく見て運転、横断歩道に十分注意

・ブ(ブレーキ)…横断歩道の手前では「ブレーキ」操作で安全確認

・ラ(ライト)…横断歩道でも3(サン)・ライトで交通事故防止

1、ライト(前照灯) 早めのライト点灯、こまめな切り替え

2、ライト・アップ(目立つ)反射材、LEDライト等の活用

3、ライト(右)右からの横断者にも注意 歩行者がいたらストップ!交通事故をストップ!

柏市役所 交通施設課☎04・7167・1304   

タイトルとURLをコピーしました