今年の夏は切り絵花火を見に行こう!

流山

新型コロナウイルスの影響で夏祭りや花火大会が中止となる中、今年だからこそのイベントを楽しもうと「触れる花火2020」が、流鉄流山駅前で9月7日から開催される。流山のコミュニティスペースmachimin1(まちみん1)と、切り絵作家 飯田信義さんの共催。 

 machimin1の一角に設置された170㌢×175㌢の大きなボードに「江戸川の上空に上がる流山・三郷の花火」を切り絵でダイナミックに再現する。

進み具合を確認しながら丁寧に指導する飯田さん

 切り絵は8月に開催した市民向け講座で制作されたもので、飯田さんがデザインした原画を20枚に分割し、15人の参加者たちと飯田さんが手分けして完成させた。

 講座に参加した市内在住の大迫さんは「切り絵は初めての体験。細かい箇所を切り取るのが大変でしたが、楽しんで作業できました」と話した。

 飯田さんは「原画を作る段階で、切る箇所と残す箇所を書き込むのに一週間ほどかかりました。切り絵を合作するのは初めてなので、皆さんに見てもらうのが楽しみです」と、初めてのイベントに期待を寄せる。

 期間中は流山駅前に地元の名店も出店し、テイクアウトの料理や流山ならではの「みりんドリンク」なども販売する予定だ。

迫力のある切り絵花火の美しさを体感しに是非出かけてみては。(写真・文=松原美穂子)

手分けして作った切り絵をパズルのようにつなげていく

■触れる花火2020 ―参加型巨大切り絵と流鉄ちょい飲み―

日時:9月7日㈪~22日㈫14時30分~17時30分

会場:流鉄流山駅直結machimin1(まちみん1)流山市流山1丁目264番地

問い合わせ:info@wacreation.com くわしくはこちら(Ryutetsu Area walking lab.)

タイトルとURLをコピーしました