がんの免疫療法…免疫チェックポイント阻害薬

がん診療最前線

 長らくがんの3大治療法は「手術、抗がん剤、放射線」とされてきましたが、近年4本目の柱として「免疫療法」が注目を集めています。

 「免疫」とは私たちの体にもともと備わっている体内の異物を認識して排除する仕組みで、細菌やウイルスから自分の体を守る重要な役目を果たしています。

 がんに対する「免疫療法」の歴史は長く、免疫力を増強することでがん細胞を攻撃、排除できるという考えから、様々な方法が試されてきました。がんを攻撃するリンパ球等の成分を注射する、がんの成分をワクチンとして注射して免疫力を増強する等の方法ですが、一部の特殊ながんを除いてあまり成果が得られていませんでした。

 ところが、がん患者さんの体内ではがんを攻撃するリンパ球が足りないのではなく、PD‐1という物質を介してリンパ球が無力化されているケースが多いことがわかってきました。オプジーボなどのPD‐1阻害薬は、この無力化を解除することにより、自分の免疫力でがん細胞を攻撃できるようにするものです。

 実際にPD‐1阻害薬は、多くの種類のがんに治療効果を発揮し、PD‐1を発見した本庶佑先生がノーベル賞を受賞したのは記憶に新しいところだと思います。こうした作用をもつ薬剤は「免疫チェックポイント阻害薬」と呼ばれ、オプジーボ以外にも多くの薬剤が開発されています。

 免疫の過剰反応により様々な臓器に重い副作用が生じることもあり、治療の際には体調の変化に十分に注意する必要がありますが、抗がん剤との併用療法などさらに効果的な治療法の研究も進んでおり、免疫力を生かした新たな治療法の選択肢が増えることは、多くのがん患者さんにとって福音といえるでしょう。

 新東京病院 消化器がん腹腔鏡・ロボット手術センター長 岡部 寛 先生

■新東京病院通常診療・診察は、松戸駅東口徒歩2分の新東京クリニックへ。

 問☎047・366・7000(代表)受付8時~11時30分・13時30分~16時(日曜・祝祭日休診)

タイトルとURLをコピーしました