動物画家 薮内正幸 絵本のしごと 原画展 vol.2

松戸

「どうぶつのおやこ」「しっぽのはたらき」など、数々の代表作を持つ薮内正幸氏の原画展が、松戸の gallery Ten→Sen で開催中です。 普段は山梨県の白州にある薮内正幸美術館に展示されている作品を松戸で見る事ができる貴重な展示会です。ぜひお運びください。

 


動物画家 薮内正幸 絵本のしごと 原画展 vol.2

会期:2022年1月15日(土)~2月27日(日)の、土・日・月・火・祝開催 12時~19時

会場: gallery Ten→Sen ギャラリーテンセン 千葉県松戸市松戸1339-1

入場料:無料 ※カンパで運営いたします。

主催:gallery Ten→Sen むすびめ

後援 この本だいすきの会  市川いちかわ支部・たこ町支部

※薮内正幸美術館オリジナルグッズ・絵本などの販売も予定しています。

薮内 正幸 やぶうち まさゆき(1940 – 2000)

1940年大阪に生まれる。子どもの頃から動物が好きで、独学で動物の画を描き始める。

1959年、高校卒業と同時に上京。図鑑画を描くため福音館書店に入社し、図鑑・絵本の画を担当する。 他社からの画の依頼が増えたため、1971年にフリーランスに転身。

動物画家として図鑑、絵本、広告など幅広い分野で活躍する。 動物たちへの温かい眼差しで描かれた作品は一万点以上遺されている。 2000年逝去。

代表作

絵本 『どうぶつのおやこ』『しっぽのはたらき』『どうぶつのおかあさん』(福音館書店)

図鑑『野や山にすむ動物たち』(岩崎書店)『野鳥の図鑑』(福音館書店)

挿絵『グリックの冒険』『冒険者たち』『ガンバとカワウソの冒険』(岩崎書店)

『広辞苑 第6版』(岩波書店) 他 多数

薮内正幸美術館HP