読者アンケート

ふれあい毎日

2020年コロナyear

「この一年を振り返って」

2020年はまさにコロナ禍の一年でした。初めて経験するパンデミックをどのように感じ、過ごしたのでしょう。

◆人によってコロナ感が千差万別ということを実感。久しぶりの友人との会食で、GOTOで旅行に行ったと話すと「よく出かけられるね」と嫌味を言われ、価値観の違いに悲しくなった。一方で、マスクを外している人を見ると不快に感じてしまうという自己矛盾もある。(通信員・K)。

◆新型コロナウイルス下で写真展を開催。入場者の安全を守るため、芳名帳を入場者カードに切り替えた。今後は経験を踏まえ、新型コロナウイルス対策新時代の主催者側対策を確立して臨みたい。(佐倉写真連盟・T)

◆初めて経験する世界的大流行に翻弄された。コロナウイルスの感染者数だけで一喜一憂、経済は大きなダメージを受けた。感染者がいれば回復者もいる。感染者から回復者数を差し引いた実数で評価しなければ、コロナの影響を正しく判断出来ない。感染者数だけの報道発表で一喜一憂するのでなく、自分なりの評価、基準を持って行動する必要があると、強く感じた。(旅行会社代表・M)。

◆成田山書道美術館は展覧会を開けない中、どうすれば書道の魅力を届けられるのか、こんな時だからこそ書が誰かの心の拠り所になれないものかと悩み、ブログで作品紹介を始めた。続けるうちに「書はよくわからなかったが、意外に面白いね」と感想をいただくように。「書は心画なり」とは古今東西の共通語。初心に帰り、改めて書の魅力を噛みしめている。(成田山書道美術館・T)。

◆ハートラテン系の陽気なアーティストの友人のブログに驚愕。以前と変わらない行動に、当分は会えない!と、決意。誰にでもフラットな気持ちで会える日はいつになるのか。(市川市・Y)。

◆私の勤め先でもリモートワークを推奨。4月、初の在宅勤務に「出勤しなくて良いし、スーツを着なくても良い」と意気揚々。自宅でのPC作業中、ふと姿勢を変えた瞬間にバッキッと体の中を音が走り、ぎっくり腰に。治療で改善したが、これはまずいとストレッチを始め、開脚前屈で胸がつくまでに柔らかくなった。姿勢を気にし、図らずも生活習慣を見直す契機になった。(毎日新聞・T)。

マスク不足で、不織布マスクを洗って使ったっけ!(編集部・Y)

◆アラ還暦のこの歳になって机に向かうことに。①日本語教師養成講座を受講。②日本語教育能力検定試験を受験。③インドネシア語検定を受験。五つ覚えると三つは確実に忘れる。PC作業は目がかすむ。努力と結果は別物だ。でも、新しいことを知るって楽しい。コロナ禍の中で頑張った自分に拍手!(佐倉市・M)。

◆外出、旅行が出来ない。外飲み、カラオケがなくなり、ほとんど毎日家飲みで、酒、肴が増量。仲間との交流がなくなり、小遣いの減りが少なくなり、欲しかったカメラが買えた。体力は落ちた。何の心配もない今までの生活に戻りたい。(八千代市・友ちゃん)。

◆強制隔離もロックダウンもない自由世界をのびのびと生きてきた私たち。有能な感染能力を持つコロナウイルスの蔓延は自明の理。いくらかの尊い命が失われることを承知で、国は集団免疫を待っているのかも、とゾッとした。国のリーダーの自助発言、自己責任とはこういうことだったのね。(船橋市・よっさん)。

◆専門学校の講師。新入生を迎える3月、学校のすべての授業はオンラインに。難しかったのは学生たちの反応が全く見えないこと。通常の肌感覚が「無」なのだ。初顔合わせの自己紹介は「〇〇科学講義‥」とスライド冒頭で発する声色で再現。その瞬間「あー!」「うわっ、本物!」と大リアクション。人気アニメの映画さながら、人気声優体験をした夏だった。(けいちゃん)

◆コロナ禍で、飲食店として大きく事業形態を変えなければならなかった。大変だったが、お店を継続させようとスタッフが一丸となって頑張ったことで、成長に繋がった。新しい生活様式に向けた事業で今まで以上に発展させていきたいと強く思えた。(ヤジッコ)

◆時間が出来たのでネットフリックスを契約、家族ですっかりアニメにハマった。充実したおうち時間を過ごせた。コロナに怯え、大変な一年だったが、家族でゆっくり過ごす時間もあったので悪いことばかりではなかった。(編集者・M)

◆一年を振り返るどころか、医療現場は今もコロナ対応真っ只中。GOTOとかいっているが、未だに会食禁止、家族以外に会ってはいけない、他県移動禁止の医療機関もある。医療従事者は職務を全うする気持ちを強く持っているが、個人に対する支援も考えてもらいたい。病院には感染対策費の支援はあるが、それ以上に支出は増加、その分、一般患者への利益はガタ落ちだ。旅行業界、飲食業界だけが注目され、優遇されるのはいかがかと思う。(Dr.G)

◆自粛生活で毎日パン作り。多くの人が同じことを考えていたらしく、強力粉とイーストが売り切れ。家にあった在庫で作り、スローライフ。憧れていたが、こんな形で実現するとは。(八千代市・F)

*  *  *  *

皆さん、たくさんの投稿ありがとうございました!飛沫を飛ばさないようマスクを付けて、コロナ収束までもう少し頑張りましょう。編集部一同