「劇場」

キネマ旬報シアターおススメシネマ
©2020@「劇場」製作委員会

 営業再開をしてから一月が経過しました。館内にも徐々に活気が戻りつつあります。

さて、今回ご紹介する作品は、新型コロナウイルスの影響により4月に予定していた全国公開の延期を余儀なくされ、改めて7月17日からミニシアターを中心に公開された又吉直樹原作、行定勲監督の最新作「劇場」です。

 高校からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で、脚本・演出を担う永田(山崎賢人)しかし、永田の前衛的な作風は公演の度にことごとく酷評され、いつしか劇団は解散状態に。

 ある日、永田は街で偶然、女優を夢見る服飾の学生・沙希(松岡茉優)と出会う。演劇の事しか頭になく、不器用に生きる永田に紗希は「よく生きてこれたね」と微笑み、いつしか二人は恋に落ちる。

 沙希は永田を献身的に応援し、永田も沙希に対して信頼と安らぎを覚えるが、理想と現実の間を埋めるように永田はますます演劇に没頭していく…。

 本作は前述したように、コロナウイルスの影響を受け公開日や上映館が変更となった経緯もあり、7月に映画館とネット配信同時に公開となりました。ご自宅でも気軽に映画を楽しめる時代ですが、日本映画の最新作『劇場』は是非、劇場のスクリーンでご覧ください。           

(新井貴淑)

タイトルとURLをコピーしました