自粛解除 海の生き物が来園者を癒やします 鴨川シーワールド

ふれあい毎日

千葉県からの自粛解除を受け、先月19日から、ソーシャルディスタンスを保ちつつ、県内外からの客の受け入れを再開した鴨川シーワールド。自粛で疲れた心や体を癒やすには、海の生き物たちとのふれあいはおすすめだ。

一部施設の閉鎖はあるものの、シャチなどのパフォーマンスはスタジアムが密にならぬよう入場規制をし、感染予防に配慮しながら行われている。パフォーマンスタイムは通常期と一部異なるので、公式ホームページで確認を。

館内のKurage Life(クラゲライフ)では約10種類のクラゲが展示されていて、ふわふわと漂う様子は癒やしにはうってつけで人気だ。不思議な生態の展示もある。 

客同士の密集状態を避けるため、動物たちとのふれあい体験は一時中止。入館にはマスク着用のこと。

▼鴨川シーワールド:800種1万1千点の海の生き物を展示。海の王者シャチをはじめイルカ、アシカ、ベルーガの動物パフォーマンスが人気。
▼入館料:大人(高校生以上)3000円、小人(小中学生)1800円、幼児(4歳以上)1200円、60歳以上2400円(年齢を証明できるものを提示)。障害者割引あり。

▽問 電話 04・7093・4803。「鴨川シーワールド」鴨川市東町1464-18。
http://www.kamogawa-seaworld.jp

タイトルとURLをコピーしました