来て!見て!感じて! 歴史が切り拓く未来 ★歴博(れきはく) 第3回

ふれあい毎日

「みんなで古文書を翻刻(ほんこく)」

 古文書に書かれた文字を活字に起こす作業を歴史学の用語で「翻刻」といいます。歴博ではボランティアの方々と協力し、インターネット上で古文書を翻刻する「みんなで翻刻」というウェブサイトを運営しています。古文書の多くは難しい「くずし字」で書かれていますが、「みんなで翻刻」はくずし字を解読するAI(人工知能)を搭載しており、誰でも翻刻に参加できます。昨年7月にシステムを公開してから900名以上の人々が翻刻作業に参加し、すでに600点以上の古文書を翻刻してくれました。

  新型コロナウイルスの影響で在宅の時間が長くなった方が多いと思います。この機会に「みんなで翻刻」で古文書解読にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

▼「みんなで翻刻」
https://honkoku.org/
国立歴史民俗博物館(佐倉市城内町117)
▽問 電話043・486・0123(代)

▽最新情報はHPで確認を。
https://www.rekihaku.ac.jp
▽アクセス:京成本線「京成佐倉駅」下車徒歩約15分。またはバスで約5分。

タイトルとURLをコピーしました