発行エリア 市川・浦安・船橋・習志野・鎌ヶ谷・八千代・佐倉・白井・成田・印西・酒々井・富里・栄の13市町
発行日 毎月第1水曜日発行
更新日 2019年2月6日

トップニュース 2019年2

 

 200回記念落語会

新春から連続4回

大和田落語会 
毎月第3日曜開催
八千代市

 


200回を喜ぶ大和田落語会世話人のみなさん

 

 地域寄席としてすっかり定着し、多くの落語愛好家に親しまれている「大和田落語会」が今月17日の公演で200回を迎える。新春1月に始まり、4月までの計4回、200回記念落語会が催される予定だ。


圓馬、小里ん、鯉昇師匠。楽屋まで和やかだ

 

  同落語会は21世紀を迎えた年、2001年4月に第1回を開催、その年の7月、伊藤善雄さんを会長に、正式に「大和田落語会」として発足した。会場は八千代市大和田にあるてんぷらの「丸花」で、月に一日限り寄席の「丸花亭」となる。60人も入るといっぱいになる同店の座敷が会場。席亭は丸花の主人、花嶋一彦さん。毎月第3日曜午後の開催が恒例だ。


伊藤会長(左)と、花嶋席亭

 

  噺家と客席が近く、熱演を間近に見て、感じることが出来、若手からベテランの真打まで登壇し、落語協会、落語芸術協会、円楽一門、落語立川流の4流派の隔たりなく口演されるのも魅力の一つだ。

  「落語の世界は全くの素人だった。ただの呑み助で50代の頃、暇そうにしていたので会長を拝命、皆さんに助けられてここまで来た」と、感慨もひとしおの伊藤会長。1月の記念落語会では花嶋席亭と二人、笑いを取る掛け合い漫才の前座のような挨拶で、爆笑の内、幕が開いた。

  しかし、200回までの期間、苦労も無かったわけではなく「客入りが悪く、サクラで客席に入ったこともあるんだ」と笑う。今では常連が60l以上だが、一般の観客にも人気でチケットが入手しづらいこともある。転勤者で、今も京都や神戸から毎回楽しみに参加する人たちもいる。

  「落語のらの字も知らず、ここで初めて落語を聞いた。以来すっかりファンになり、多い時は月に20回、今でも月に78回は寄席に行く。この席の良さは会の後の打ち上げで、噺家さんと近しく話が出来ること」と話すのは、まさに同会のお母さん的存在の伊藤由美理事。打ち上げは別途実費が必要で、抽選で噺家さん直筆の色紙が当たるなど、お楽しみもある。

  「満20周年に当たる2021年には記念の落語会を、もう少し大きな会場を借りて開催したい」と抱負を語る伊藤会長。毎回、同会の世話人らは裏方の名の通り、客席ではなく、舞台裏で噺を聞く。高座のマイクは客席へ聞かせるためでなく、裏方へのせめてもの配慮のためのものだったのだ。

  世話人の皆さん、200回、お疲れ様でした!20周年には座席に座って、ゆっくりと落語を楽しんでほしいものだ。

◎「丸花亭」木戸銭2500円(当日2700円)、高校生以下1000円。京成線「大和田駅」下車徒歩3分の天ぷら「丸花」。電話 FAX 047・482・2934。
※2、3、4月の記念落語会チケットはほぼ完売。運が良ければ入手が可能。チケットは「大和田落語会」HPのチケットショップから購入できるので確認を。