発行エリア 市川・浦安・船橋・習志野・鎌ヶ谷・八千代・佐倉・白井・成田・印西・酒々井・富里・栄の13市町
発行日 毎月第1水曜日発行
更新日 2019年4月3日

トップニュース 2019年4

 

潮干狩りシーズン到来!
三番瀬海浜公園に春が来た

※招待券プレゼントあり。プレゼントへ。

 春から初夏にかけての海辺の風物詩といえば潮干狩り。東京湾の貴重な干潟「三番瀬」を臨むふなばし三番瀬海浜公園では「潮干狩り」が今月18日(木)からスタートする。都心に最も近い潮干狩り場として毎年、市内を含む首都圏からも10万人近くの来場者で賑わう。

  春のアサリは味がのっておいしく、旬を迎える。日中に大きく潮が引くため潮干狩りには最適のシーズンだ。また夏ほど 気温も上がらず、熱中症などのリスクも少ない。ケガや事故の危険性も低い潮干狩りは、小さな子どもからシニアまで楽しめる手軽なマリンレジャーとして昔から日本人に親しまれてきた。

  公園にはコインロッカーや足洗い場を完備されているほか、潮干狩りに必要なクマデの貸し出し(有料)もあるので、気軽に出かけられる。

  噴水広場やバーベキュー場(有料・要予約)が整備され、家族連れだけでなく、大人のグループまで一日中楽しむことができる。潮干狩り期間内は、ふなばし三番瀬環境学習館で潮干狩りについてのミニ展示も行っている。

▽利用料金:大人(中学生以上)430円(前売:390円)、子ども(4才以上)210円(前売:190円)。

▽採取したアサリの持ち帰り:100cにつき80円。貸熊手200円(返却時100円返し)。

▽アクセス:JR船橋駅南口(京成船橋駅)、京葉線二俣新町駅より京成バスシステムで「船橋海浜公園」行き終点下車。

▽駐車料金:1日500円。大型は2160円で要予約、問い合わせを。
※潮干狩り招待券を5組10名様にプレゼント(2面「ふれあいプレゼント」参照)。

▼問 電話047・435・0828(同公園)

■ミニ展示 「これでバッチリ!潮干狩り」
アサリをたくさんとるにはどうしたらいいの? とったア サリの持ち帰り方は?砂抜きってどうやるの?船橋の郷土 料理「ふうかし」って? 潮干狩り前だけでなく、後にも役 に立つ、潮干狩りの裏ワザが盛りだくさん! これできみもアサリマスターだ!

▽期間:4月 18日(木)〜 6月 9日(日)まで。 ▽会場: ふなばし三番瀬環境学習館 有料スペース。
▽料金: 有料スペース利用料のみ。

■フィールドツアーで干潟の生きものを探してみよう!
海浜公園の潮干狩り場は、東京湾に存在する貴重な干潟。海でくらす貝やカニを見て、さわって、つかまえて。初めての海遊びにぴったり。学習館のスタッフが案内するフィールドツアーで、 生きものの魅力をさらに楽しもう。
▽日程: 海浜公園の潮干狩りが開催される土・日曜と祝日。(時間は潮によって変動)。
▽会場:ふなばし三番瀬海浜公園潮干狩り場前。料金無料 (当日受付)。

■ワークショップで潮干狩りのおみやげを作ろう!
アサリの殻 を使って、工作ワークショップに挑戦。学習館のエント ランスで「貝がら根付」を作ろう。
▽日時:5月4日(土・祝)〜5月6日(月・休)まで。10時〜12時、13時〜15時。
▽会場: ふなばし三番瀬環境学習館エントランス。 ▽料金:300円。(当日受付)。

▼問 電話047・435・7711(ふなばし三番瀬環境学習館)。


 ふれあい毎日は、月1回、主に毎日新聞朝刊に折り込まれます。新聞購読お申し込みは、市川・浦安・船橋・習志野・鎌ヶ谷・八千代・佐倉・白井・成田・印西・酒々井・富里・栄の毎日新聞取扱い販売所にお問い合わせ下さい。